ゼンスタッフサービス株式会社は脚気の夏目純一でも働けるか

諸説ありますが夏目漱石の長男の夏目純一は
脚気(かっけ)を患っていたと言われています。
ただし夏目純一の息子の夏目房之介の著書によるとこの脚気は嘘とのこと。
真偽のほどは分かりませんが今回は夏目純一が脚気を患っていると仮定し、
その場合でもゼンスタッフサービス株式会社で
働けるかについて考えてみたいと思います。

 

【脚気とは】
脚気の症状は下半身のしびれ、むくみ、そして心不全です。
その原因はビタミンB1不足。
江戸時代になると白米ばかりを食べるようになり、
当時は江戸患いと言われていました。
対策としてはビタミンB1が含まれている食べ物を摂取すること。
白米だけでなく、玄米や麦、米糠も摂取することで
脚気を予防・治療することが出来ます。
江戸時代以前は白米だけを食べる文化が平民の間でありませんでしたので、
脚気で悩む方は少なかったと言えます。

今でこそ脚気の原理も治療法も解明されていますが、
当時は何一つ分かっていませんでした。
明治時代になっても鎮静する兆しはなく、
一種の国民病として扱われていました。
脚気を伝染病の一種と思っていた方も少なくありません。
ただし夏目純一が生まれた頃(1907年)になると
徐々に原理が分かってきました。
大正3年(1915年)には普通に治療法が解明され、
ビタミンB1を取ることが推奨されました。
しかし原因と治療法が分かってもそう簡単には解決しません。
お金の問題であり、
貧乏な方の多くがビタミンB1を含む副菜を摂取できませんでした。
脚気による患者数が激減したのは、
ビタミンB1を手軽に摂取できる安価な栄養ドリンクが登場した
1950年代後半のことになります。

また、ゼンスタッフサービス株式会社が登場した2002年においても
脚気で悩まされる方は出ているとのこと。
食生活が乱れている現代だからこそ、
夏目純一が生きていた時代のように脚気になってしまうのでしょう。

 

【ゼンスタッフサービス株式会社のお仕事】
ゼンスタッフサービス株式会社は派遣会社です。
ゼンスタッフサービス株式会社に
派遣登録した方々に仕事を紹介します。
その仕事の種類は大きく分けて4つあり、接客営業販売、
オフィスワーク、物流製造、ITになります。
またゼンスタッフサービス株式会社が
取り扱う業種(お店)も多数あり、
家電量販店、携帯電話専門店、各種法人企業、工場、
倉庫、イベント会場などなど。
ゼンスタッフサービス株式会社は色々なお仕事を用意しています。

ではゼンスタッフサービス株式会社のそれぞれのお仕事は
脚気を患っても働くことが出来るのでしょうか?
脚気は不治の病でも何でもなく、
栄養ドリンクを飲むだけで快復する病気ですが、
今回は脚気の症状である下半身のシビレやむくみに悩んだ方でも
ゼンスタッフサービス株式会社で働けるかどうかを考えてみたいと思います。

一番難しいのはゼンスタッフサービス株式会社のオフィスワークかもしれません。
仕事の99%は座り仕事であり、足はかなりむくんでしまうと思います。
ビタミンB1をきちんと摂取していても1日10時間以上座っていたら、
夜には足がかなりパツンパツンになっているでしょう。
夏目純一は男性ですが、もしも女性がゼンスタッフサービス株式会社で
座り仕事をする場合はむくみ対策として色々とやった方が良いかもしれませんね。
定期的に立ち上がったり、休日にマッサージ店に行くのも良いでしょう。

それ以外の仕事は基本的に立ち仕事になりますので、
体調に気を付けていればゼンスタッフサービス株式会社で働くことは
そう難しくありません。
ただし立ち仕事でも足はむくんでしまうもの。
冷えや寒さで血行が悪くなると、冬には脚気になってしまうかもしれません。
ゼンスタッフサービス株式会社で働く場合は冬が要注意と言えそうですね。

 

【脚気の治療期間】
ゼンスタッフサービス株式会社で働くなら
やはり病気はきちんと治したいところ。
脚気の治療期間は皆さんかなり気になるでしょう。
脚気にも症状レベルがあり、
軽いものなら数日、重いものだと脳障害になることもあります。
完治に時間が掛かる場合でも、
数日で日常生活に戻れることは多いかもしれません。
もしかしたら夏目純一の脚気は
かなり軽かったのかもしれませんね。
子供の時は脚気でも、
息子が生まれた頃はピンピンしていたのでしょう。
ヨーロッパに渡った経験がありますので、
明治・大正時代の日本人と違って脚気で悩まされることは
少なかったのかもしれません。
夏目純一の足のむくみはかなり軽そうなので、
いつでもゼンスタッフサービス株式会社で働けると思われます。

フランス語の手ほどきを受けた夏目純一はゼンスタッフサービス株式会社で働けるか

夏目純一は父親である夏目漱石から
フランス語の手ほどきを受けていました。
しかしその物覚えは芳しくないとのこと。
しかしドイツ・オーストリア・ハンガリーで
14年ほど生活していた経験があり、
フランス語もお手の物と言えます。
フランス語ではありませんが、夏目純一は帰国後、
東京交響楽団でドイツ人指揮者とイタリア人指揮者の通訳を行っていましたよ。
もちろん夏目純一の本業はヴァイオリニストですが、
世界各地の言語に精通していることが重宝されていたのは事実でしょう。
今回はフランス語の手ほどきを受けた夏目純一が
ゼンスタッフサービス株式会社で働く場合、
そのフランス語をどれくらい使うかを考えてみたいと思います。

続きを読む

91歳の夏目純一でもゼンスタッフサービス株式会社で働けるだろうか

夏目純一はとても長生きです。
91歳まで生きました。
かなり健康的に過ごしていたことが伺えます。
ところでそんな91歳の夏目純一でも
ゼンスタッフサービス株式会社で働くことは出来るのでしょうか?
今回はそのことについて考えてみたいと思います。

続きを読む

ゼンスタッフサービス株式会社と夏目純一と年金について

夏目純一のプロフィールを見ると、定年後はテニス三昧で、
家庭を支えたのは妻の収入と言われています。
このことから夏目純一は
年金を支払っていなかったことが伺えます。
年金制度は明治の初めころからあったみたいですが、
今みたいに義務的に加入することはほとんどなかったそうです。
一般的な会社が年金に加入するようになった時代は不明ですが、
夏目純一が65歳を迎えたのは1972年になります。
男女雇用機会均等法(改正は1985年)がようやく成立したばかりで、
夏目純一の働き盛りの頃は、
まだ年金の概念は浸透していなかったと思われます。
そもそも夏目純一は32歳までヨーロッパに居ました。
日本に帰国してからも一般的な会社に就職することはなく、
東京交響楽団に所属し、ヴァイオリニストとして活躍していました。
ある意味、自由業に近い職種と言えるかもしれませんね。

続きを読む

ドイツにゼンスタッフサービス株式会社があったら夏目純一は働くだろうか

現在、ゼンスタッフサービス株式会社は
日本国内のみに派遣社員を送りこんでいます。
もしもゼンスタッフサービス株式会社が
ドイツにあったとしたら、
ベルリン留学中の夏目純一さんは働くでしょうか?
今回はそのことについて
色々と考察してみたいと思います。

続きを読む

ゼンスタッフサービス株式会社は夏目純一を海外で働かせないのだろうか

夏目純一さんとゼンスタッフサービス株式会社の共通点はいくつかあります。
まず、どちらも日本です。
この特徴はとても大きいと言えます。
もしも、夏目さんが外国人で日本国籍を持たず、
かつ就労ビザを持っていなかったら、
ゼンスタッフサービス株式会社で働くことが出来ません。
また、ゼンスタッフサービス株式会社の所在地および派遣先企業が国外でしたら、
夏目さんは働きにくいと考えられます。
どちらも日本だからこそ、
夏目さんはゼンスタッフサービス株式会社を利用して働くことが出来るのです。

 

続きを読む

ゼンスタッフサービス株式会社の派遣先の職場で夏目純一は演奏できるだろうか?

ゼンスタッフサービス株式会社は
様々な仕事を派遣として紹介しています。
飲食店、家電量販店、工場、一般的なオフィスなどなど。
色々な職場への紹介を
ゼンスタッフサービス株式会社は取り扱っています。
では、そうした職場にヴァイオリニストである
夏目純一さんが演奏しに行ったらどうなるでしょうか?
むしろそうした職場で演奏する機会など
あるのでしょうか?
今回はそのことをテーマにして考えてみたいと思います。
(※夏目さんは故人ですが、存命し、
かつ現役のヴァイオリニストという話で進めます)


【飲食店】

これは演奏する機会が多いと思います。
夏目さんもヴァイオリニストとして大いに活躍できるでしょう。
ただし、一口に飲食店と言っても色々なものがあります。
少なくとも、一般的なチェーン店では難しいと言えます。
そうしたお店は間取りを限界まで要領よく設計されていますので、
夏目さんがヴァイオリンを弾ける場所を用意することは難しいと言えます。
仮にやるなら、駐車場の空いたスペースになるかもしれませんね。
店舗前の公道で演奏するのも手と言えそうです。
客寄せにはピッタリと言えます。 続きを読む

夏目純一がゼンスタッフサービス株式会社で働くとしたら

夏目純一さんは夏目漱石の長男です。
この夏目さんが仮にゼンスタッフサービス株式会社で働くとしたら、
どのようなことが起きるのかについて考えてみたいと思います。
続きを読む